工具

オーバーホールを日本ロレックスへ依頼する時は料金に注目

高級時計は生涯の宝物

腕時計

日ごろのお手入れが秘決

高級時計の代名詞とも言えるロレックスを永く使うのには、日ごろのお手入れがポイントになります。オーバーホールは3年に1回と推奨されていますが、日ごろのお手入れ次第ではオーバーホールは5年に1度で済むかも知れません。肌に直接つける時計ですから、汗から出る皮脂などで汚れます。汗には塩分が含まれていますので、機械である時計にはリスクとなります。毎日のお手入れは、メガネクロスでくまなく拭くようにします。さらに時計のためにはセーム皮で汚れをそっくり落とします。日ごろのお手入れはしていても、内部が汚れている可能性もあります。ロレックスはしっかりしたパーツで組まれていますので、オーバーホールやメンテナンスをしなくても長持ちします。しかし、内部の定期点検は必要です。ロレックスをオーバーホールに出すタイミングは、時刻が正確に刻めなくなった時でしょうか。ロレックスといえど経年劣化するパーツも有ります。

早期発見 早期治療

ロレックスなどの高級時計は問題がなくても、オーバーホールに出しておくと安心です。ロレックスでは純正の商品しかオーバーホールを受け付けません。ですから、ロレックスをオーバーホールしたことにより本物だと鑑定されたことになります。ただ、心配なのは内部のサビや、パッキンの摩耗や劣化です。定期的にオーバーホールをすることにより、早期発見、早期治療ができます。とくに錆は致命傷になりかねません。またパッキンの劣化により防水性に問題が生じている場合もあります。手に入れた宝物、道具としての価値を高めつつロレックス本来の機能と美しさを持続したいですね。